上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海に潜ろうか

2月17日(日)ライヴで聴いていただいた方々、
本当にありがとうございました。
共演の岩崎だもみさんも素晴らしくて、
もちろん、素晴らしいのは知っていたので、
17日を迎えるのが怖くて楽しみで、
すごく緊張していたのはココだけの話。

…実は色々書いたんですけど
全部、消しました。
何を言ってんの?って感じでした。
そっちは口にださずに実行していきます。
まぁ、楽しんでいこう、ってことです。
僕はみんなで笑っていたい。
それだけです。
その為に、自分に出来ることを
少しづつでも、やっていきます。

最近、読んでいる
三浦綾子著『ひつじが丘』に
こんな感じのセリフがありました。
(抜粋すると問題ですからね)

「生きることに意味がないのではなく
生きてることが大変なことなのだよ。」

うん、僕もそう思います。
生きていることが大切なのだと思います。
そんな曲を作ろうとしたけど
まだ熟してないらしく(僕が)書いてません。

ところで、その小説は
愛についての物語なのですが、
たくさん考えさせられます。
遠藤周作さんの小説と似ているかも知れません。
もっと、もっと深いところに、
もしくは
もっと、もっと高いところに行きたいです。
でも、戻ってこれるかが心配です。
けど、僕は海に潜る必要があるようです。

書いてて思いました。
僕にとって知ることは愛、なのかも知れません。
いろんな愛があるとするなら、ね。

現在のライヴ予定です。
あくまで予定なので、変更するかも知れませんけど。
お時間あれば、一緒に楽しみましょう。
久し振りの三重のライヴもあります。
人の繋がりって、本当に嬉しいです。

2013年3月3日(日)
@池下GURU×GURU
『creamy&cute GURUxGURU』
詳細後日

2013年3月20日(水・祝)
@松阪市『音楽屋 tak楽ki』
(三重県松阪市石津町458 MMビル3F)
第十七回『アコースティックな馬鹿たち!!』
w/h:剛兵太、429、とっち(以上三重)樋口智美(名古屋)、良元優作(大阪)
開店:17時 開演:18時
ライヴチャージ:1500円

クリムト展を観てきたよ

昨日(2月11日)のライヴを観てくださった方々
本当に有難う御座いました。
共演の西村勇紀くんは何度かライヴを観たことがあって
その時に何度か話してたから
お互いに初共演とは気付かないくらいでした。
僕にとっては、とてもステキな夜になりました。
上原淳く共々、また一緒に演りたいです。

そして、ライヴ前に最終日だった
クリムト展を観に行ってきました。
若い時から絵がうまいなぁ、と思いながら
後期(?)の哲学、医学、法学は
とても大きな絵は全て死生感が詰まってた気がします。
それを踏まえて、接吻、抱擁を観ると
女性は全て目を閉じていて
死を迎えいれている印象でした。

クリムトは結婚をしていない様だし
年表には、母親の死がかかれていたから
母親の病気とかが、もしかしてあったのかな?
なんて思いました。

男性は女性に性と生と死を
写しみているのかも知れませんね。
それは憧れなのかも知れません。

2013年2月17日(日)
@池下GURU×GURU
『creamy&cute GURUxGURU』
w/h:岩崎だもみ、etc.
開店:19時半 開演:20時
ライヴチャージ:1500円(別途1ドリンクオーダー必要)

2012年の終わりに

明日で2012年も終わり、
明後日から2013年が始まります。

みなさんにとって2012年はどんな歳でしたか?
僕にとって2012年は、2012年も
たくさんの出会いがありました。

本との出会い
物との出会い
音との出会い
人との出会い

特に人に関しては
昨年以上に関わらさせてもらえた気がします。

それは音楽を通してだったり
それは本を通してだったり
それはお酒を通してだったり

もちろん全てが良い出会いだった訳ではなくて
でも、全てに何らかの意味があると思えます。

曲はそんなにたくさん作ってないけれど
前のブログにも書いたけど
曲に込める想いが変わってきている気がします。

『太陽の孤独』に顕著に出てますね。

今年の自分の中の重大事項としては…

・ワンマンライヴが出来た
・GURUxGURU Birthdayイベントに参加出来た
・いしいしんじさんの本を読んだ
・今西太一さんの音楽に触れた
・誕生日を祝ってもらえた
・シザーハンズを映画館で観れた
・オフ会に参加した

今、思いつくのは、これくらいかな。
上の7項目は、かなり大きな影響になっています。
ある意味ではどれも繋がっています。
生きているって面白いですね。

最近、思って歌詞にするか悩んでる言葉があります。

『生きる事に意味なんて無い。でも、
 生きる事で意味が出来るかも知れない。』

だから、生きていたい、って思います。
死にたい、なんて思う事はありませんよ。

2012年最後の日を、
それから続く2013年以降を、
関わってくれた人達が幸せでありますように、
心から祈っています。

本当に有難う。
本当に、本当に有難う。

…そう言えば
昨年の大晦日は『森のくま』最終話を書いてたなぁ。

って訳で、
簡単だけど、詩(文章)でも書こうかな。

~木漏れ日~

森の木に降り積もった雪が
その枝から飛び降りて
地面に固く積もっていく

固く積もった雪たちは
木漏れ日程度で溶けはしない

それでも木漏れ日は
暖める事をやめない

いつかその場所に
花が咲く事を祈り続けて
木漏れ日は
暖める事をやめない

12月15日ワンマンお礼。

2012年12月15日(土)
@池下GURU×GURU
~END of 4th Anniversary~
中野こーじワンマンライヴ
『青の向こう側』

お越しくださって、聴いてくださって、観てくださった方々
本当に有難う御座いました。
少しでも楽しんでもらえたら嬉しいです。
自分としては、今の出来る事の殆どすべてを
観てもらえたんじゃないか、と思います。
そして、終わってから、
このワンマンの意味
『青の向こう側』の意味もすごく重要に思えてます。

セットリスト
1.青
2.青空とリンゴの木
3.ブランケット
4.青い花
5.リジェンダ
6.メリ
7.街の灯
8.二度寝
9.笑わないメディカ
10.僕らの世界
11.水仙は君の匂い
12.太陽の孤独
en.大人の悩みに子供の涙(SPEEDWAY cover)

思えば、この曲順も興味深いです。
そして、後半に最近の曲が来ている事も
「青の向こう側」の意味だったのかな、と思います。

本当は、すごく長いブログを書こうと思いましたが、
それは、きっとこれまで掲載してきた歌詞や、
さっきあげた歌詞『太陽の孤独』に
現われていると思います。

次に僕が作る曲が自分で楽しみです。
どっちに向かうんでしょうか??

当日限定で配布しましたデモCDの曲を掲載しておきます。
本当にデモって感じで、お聞き苦しいでしょうが、
少しでも楽しんでもらえたら幸いです。

またお会いしましょう。
その日を楽しみにしています。

デモ#1
1.リジェンダ
2.青空とリンゴの木
3.ブランケット
4.笑わないメディカ
5.水仙は君の匂い

…だったと思います。
ブランケットのみ、歌詞をブログに
掲載しておりませんのでご容赦ください。

詩を寄せて(ライヴ情報あり)

しばらくぶりです。こにゃにゃちわ。

そして先日のライヴは告知もツイッター・ミクシーくらいだったのですが、
詳細はこんな感じでした。
誘ってくれたcailliちゃん、本当にありがとーっ!!
2012年10月13日(土)
@錦メルローズ
w/h:cailli、カゴメトヴィオロン、ram
開店:19時 開演:19時半
ライヴチャージ:2000円(1ドリンク込)

cailliちゃんも含め、初めての方ばっかりで…。
良く見たらアコースティックギターを弾いてるのは僕だけ。
(ramさんはクラシックギターだったと思います)
とんでもなくアウェイだな、と最初は思っていたのですが、
出演者の方も気さくな方々で、何だか幸せな夜でした。
また共演とかしてみたいです。
結構大好物な夜でした。
(女性割合が多かったことも含め)

さて、僕がとてもお世話になっております
池下GURUxGURUさんは、10月が4周年月間って事で
とてもたくさんのステキなライヴがあり
もはやほとんど観に行ってます。

先週金曜から3日間はワンマン3days(パート1)でした。
ゴトウケンジくん、じゅんこちゃん、樋口智美ちゃん、
どれも素敵なライヴで、危うく涙を流しそうな時もありました。

そんな3days中、僕は当然酔っ払っていたのですが、
酔っ払った勢いにて、それぞれのライヴに勝手に詩をツイッターにあげていました。

せっかくなので、ここにも載せておきたいと思います。


『ゴトウケンジ ワンマンに寄せて』

眠る前に少しだけ
聴かせてくれないか。
君の胸に耳を当てるから
強く、強く抱きしめてくれ。
その音を聴いて
生きている事を教えてくれよ。
おやすみベイビー
明日はもう今日さ。

『じゅんこワンマン キラキラに寄せて』

夜空を見上げたら
星が次々と弾けて
このままだったら
月まで弾けてしまうんじゃないかと思ってたら
キミが呼ぶ声がして
思わず笑ってしまったよ
もう空は元通り
キミがいるから寂しくないよ
キミがいたから寂しくなるよ

『樋口智美ワンマン 女の爪に寄せて』
想いって私が想うより
ずっと強いと思うの
だって私が想うよりずっと
私はあなたを思ってるって
気づいたもの
お願いだから傍にいてね
憎まれ口を言ってしまうのも
あなたを想うからなのよ


…どこかで聞いたことのあるフレーズもありつつ、
酔っ払ってるわりには悪くないと思います。
この詩で興味を持ってもらえたならば、
ぜひ、ゴトウくん・じゅんこちゃん・樋口さんのライヴを
観に行ってください、
「あー、なるほどね」と、思ってもらえるかも知れません。
それに、そしたら、僕がキミに会えるかもね?

ちなみに『詩を寄せて』シリーズは、今後続けるとは限りませんのであしからず。

さてさて、明後日は、GURUxGURUさんのバースデー。
その場所で僕は少し唄わせて頂きます。
共演者にGuestで、ハマノヒロチカさんが追加になりました。
(追加になっても、僕以外はやっぱりカタカナ)

リツイートとかで見てくれてる方もいるかも知れませんが、
まきんぢさんの作ってくれたフライヤーも、とてもステキで、
その中に自分の名前があるって事が幸せです。

一緒に祝って下さい。
そして、そしてその後にも、ライヴに声かけて頂きました。
共演も僕も大好きなステキ男子です。
(音楽的な意味でですよ!)
そちらも良ければ、観にきてあげてください。

もしどちらも来れないとしても
できる限り幸せに、良い夜を過ごしていて下さい。

2012年10月25日(木)
@池下GURU×GURU
『GURUxGURU 4th Anniversary』

w/h:テッペー、ナカヤヒデキ、ハマノヒロチカ(ex.野狐禅)
開店:19時半 開演:20時
ライヴチャージ:1500円(別途1ドリンクオーダー必要)


2012年11月3日(土)
@池下GURU×GURU
『creamy&cute GURUxGURU』

w/h:魅力的な女を探す旅(ノルカソルカ)
開店:19時半 開演:20時
ライヴチャージ:1500円(別途1ドリンクオーダー必要)

PROFILE

こーじ

Author:こーじ
愛知県に住んでいる
ギター&ボーカルな人です。

CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

VISITOR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。