上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝える

なんだか最近、色んな事が分からなくなってきた。

今日の家に酔っ払って(いつもだけど)帰る時に
女性が、ややオタク言葉で話してたんだけど、
それが僕には
「もう若くないんだから」
みたいに聞えた。

それを聞いて思ったのは…

結局のところ、みんな(ちょっと語弊がある)
『安心したい』んじゃないか、と。
『大丈夫だよ』と言ってほしいんじゃないか、と。
そんな風に思いました。

つまり、例えば、
「私、もー若くないしー。」と言う人は
「えー、そんな事ないよ。全然○歳に見えないもん。」
と、言われる為に
「私、もー若くないしー。」と言ってるのでは?
よーするに「私、まだ大丈夫。若くみえる。」と思いたい為の質問じゃないか

そんな風に思うんです。

かく言う僕も
「いやー、最近太っちゃって。」
「いやいや、充分細いよ。」
なんてやりとりがしたいが為に言ってるんじゃないか?

そもそも、歌を歌う⇒曲と作るのも、
「普通と違う自分」と言うものを演出してるんじゃないか?
じゃあ、俺は何の為に曲を書いて、歌ってるんだ?

そんな質問?感情?がグルグルしてます。

僕はたまに言ってるんですが
『曲はだれでも書ける』と思ってるんです。
鼻歌だろうが、コードとか無かろうが。
でもしない。

なんでしないか?と言えば、
『する必要が無いから』だと思う。

歌う場所は、今、たまたまあるけど、
自分から積極的に動かない限り
スカウトされる事なんて無いし、
カラオケで充分に満たされると思う。

で、なんで『曲を作る必要があるか?』となれば
それは『ライヴがあるから』であるんだけど、
作る事で『他者と違う自分』を自分の中で認めれて
何となく『あー、俺で大丈夫なんだ。』なんて思う。

自分で自分を救ってる、みたいな?

かと言って、自分を救う為の曲を人に聴かせて
それで聴きに来る人は満足なんだろうか、と思う。

そりゃあ、完成度が高いものなら問題ない。
でも、僕はそんなレヴェルじゃない。

でも、お金を払ってみてくれる人に対して
自分の事を、自分を安心させる曲を歌うってのは
なんだか申し訳ない気がする。

…このブログ読んでくれてるのって、
聴きに来てくれる人…だよね。

ほんとスミマセン。僕はこんな奴です。

まとめに入ります。

そう、今までは『自分の為の曲』であったんだけど、
色々あって、『人の為に歌う』ってのが必要じゃないか、と。
そんな歌を歌っても良いんじゃないか、と。
歌うべきなんじゃないか、と。
そんな風に思うんです。

それが伝わるかどーかは分かりませんが(そんな歌詞を書きました)
伝えようとする気持ちが大事だと思います。
根本的には、人間は繋がってるし、
それをちゃんと描ければ(歌でも描くで良いと思う)
共感?共時性?みたいなのを感じてもらえると思う。
もちろん、まだそのレヴェルじゃない。

今は考えの途中だけど、そんな風に思うんです。

その答えは…

友よ、風にふかれている。

全然そこまで到達してないけどね。


さ、寝よ。夜更かしはお肌に悪いよ。


そんなこんなで6日(水)…あさって、ね。
ライヴしますよ。新曲、やりますよ。多分、ね。
福山○治さんみたいな曲になっちゃって、
また『やっちゃったなぁ』って思ったりしてますよ。

読んでくれてありがとう。
またね。おやすみなさい。
スポンサーサイト

Comment

Write

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

PROFILE

こーじ

Author:こーじ
愛知県に住んでいる
ギター&ボーカルな人です。

CALENDAR

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

VISITOR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。