上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Miss Soprano』で始まった

昨日、言ったとおり
簡単な曲解説を書いてみようと思う。

今回は『Miss Soprano(ミス・ソプラノ。以下ソプラノ)』

上手く行かなかったら、コレ1回限り、ね。

ソプラノはDud Checksにとって、

初のオリジナル曲

なんです。

そう、曲紹介は時間軸で紹介しようと思ってます。

元々この曲は、はイントロの部分(ドゥーダダヂヂダダって所)があって
その部分だけをメンバーで何回も合わせて、OKを出した。

そのスタジオ帰りの車の中で
もう最初のメロディ(黒で出来た~ヒールの音はワルツ、まで)は
頭に出てきて、それを広げて曲/メロディを作った。

が、そっからが難産。

そう、


歌詞。


一般にDud Checksの歌詞は
メロディと一緒に出てきたものを優先的に使うんだけれど
この曲に関しては、相当何回も書き直した。
全く納得いかなかったから。

で、考えて考えてタバコ吸って考えて…

フッ、と出てきたのが今の歌詞(2番まで)。

その後、3番を付け加えた。

2番までの歌詞が書けたときに
「歌詞ってのは、こうやって書くんだな」と実感した。

で、この曲が出来て
Dud Checksの方向性、みたいなのが出来たと思う。

歌詞は、他の曲と少し印象が違って、
どっちかって言うと、ストーリィの様になった。
テーマはどの曲も大体共通しているんだけどね。

ちなみに『ハートランドの終り』と歌っているけど、
伏見ハートランドスタジオとは、一切関係がありません。
あしからず。
スポンサーサイト

Comment

Write

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

PROFILE

こーじ

Author:こーじ
愛知県に住んでいる
ギター&ボーカルな人です。

CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

VISITOR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。