上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉のリズム

おめでとう、おれ。
ハッピー・バースデー、おれ。


・・・今月の11日は誕生日でした。
で、まぁ色々あって、お酒を飲んでいた。
そんなに量を飲んだつもりはないんだけど
次の日はホントに気分が悪かった。


標準語ってのは、クラシックだな。
ふと、頭をめぐったのは、そんな朝だった。
ふいに、標準語の、あの流れる感じが
クラシックのピアノ曲に思えた。

じゃあ関西弁は・・・なに? ヒップホップ?
いや、ヒップホップ自体、よくわかってないんですけどね。

前に村上春樹氏が本で
「標準語で書いてなかったら(関西弁で書いてたら)
 全く違う話を書いてただろう」と言っていた。

うん、多分そうなんだ。

大きく(?)言うと、
英語には英語にしかないメロディーがあって、
日本語には日本語にしかないメロディーがあるのだ。
それがコンプレックスになったりもするんだけど、
それが個性にもなったりしているんだな、きっと。


…ってな事を考えると同時に
「今日は早く寝よう・・・絶対に・・・」
と誕生日の翌日に思ったのでした。
スポンサーサイト

Comment

Write

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

PROFILE

こーじ

Author:こーじ
愛知県に住んでいる
ギター&ボーカルな人です。

CALENDAR

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

VISITOR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。