上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械の心はあったのか?(ライヴ告知あり)

最近は感謝の日々であります。
ライヴはもちろんですが生活の中でも、それはそれは有り難いなぁと思う。
そんな日々があるから、生きてても良いんだよな、って勘違いしちゃうね。
いや、もう勘違いでもいーや。うん、生きてる事は素晴らしい。

ところで、話はまったく変わるけれど、
土曜日にエアポートウォークに行って、シザーハンズを観てきました。
ずっと好きな映画で、公開当時は観に行けなくてヴィデオやらDVDで何度も観て。
まさか映画館で観れるとは思ってなかったし、あんなに泣くとは、僕が。

そして話はちと変わって、以前観た映画に『空気人形』と言うのがありました。
業田良家さんの漫画を映画化したものです。
さらに最近、同氏の漫画『機械仕掛けの愛』を読みました。

まぁつまり、どれも機械(や人形)に心はあったら?と言うテーマだと思います。
と言うか、それを使って純粋である事の美しさや怖さを描いてるのかなと今、思いました。

例えば、踊るしか出来ないロボが居て
あるお金持ちの家庭に買っていかれ
そこの娘さんの遊び相手となってすごした
年月がたって娘さんは大きくなり
ロボに興味を持たなくなった
もしくは家を出ていった
ロボは用なしになって捨てられました。

と言う唄を書こうかな、と思ってぼんやり考えてたんだけど、
これ、ロボじゃなくても、どこにでもある話よね?
例えば、大きくなって履けなくなった靴
例えば、昔集めてたプラモデル
例えば、乗らなくなったバイク(バイ○王か?)
例えば、弾かなくなったピアノ(タケ○トピアノ??)

売ったり捨てたりして手放してきたモノは誰しもあるし、
その全ては憶えてないと思う。
んで、そこに心がある、とか考えてしまうと、とても生き辛い。
だから考えない様にして過ごす。
でも、たまに思い出してみる。

うん、何が言いたいか書きながら考えていたんだけど、
そういう想い出がたくさんあるのはとても幸せで、
想い出してもらえる靴とかプラモとかロボは幸せだったと思う。
…って事かな?

僕はこれからもたくさん出来れば楽しい想い出を積み重ねて
それらを思い出しながら、生きていこうと思います。

…その想い出の1ページを彩ってはくれませんか?

はい、ここからライヴ告知ですよ!

いつももすごくお世話になってる池下のGURUxGURUさんは
10月で4周年を迎えます。
その大切な周年月間に、僕は2本ライヴにださせてもらう事となりました。
とても有り難いし、嬉しいです。
どちらも、僕の出来る精一杯をしたいと思います。
そして楽しい夜を一緒に過ごしましょう!!

2012年10月5日(金)
@池下GURU×GURU
『GURUxGURU 4th Anniversary』

w/h:上原淳(スプートニク)、ギターうなぎ
開店:19時半 開演:20時
ライヴチャージ:1500円(別途1ドリンクオーダー必要)

その名は良く聞いていましたが今回、観るのも共演も初めてのギターうなぎさん
そしてスプートニクの上原淳さん
この日がGURUxGURUさんの周年イベントの最初の日となります。
金曜の夜を僕たちの音楽と共に過ごしてみませんか?

2012年10月25日(木)
@池下GURU×GURU
『GURUxGURU 4th Anniversary』

w/h:テッペー、ナカヤヒデキ
開店:19時半 開演:20時
ライヴチャージ:1500円(別途1ドリンクオーダー必要)

この日はGURUxGURUさんが始まった記念日です。
そんな日に僕がライヴをさせてもらえる事に感謝です!
誘ってもらえたからには良い夜にすべく集中していきたいと思います。
そして、この日…良くみたら僕以外の唄い手はカタカナのみですね…。
みんなで4周年を祝いたいっ!!
そんな気持ちでいっぱいですっ!!

おそらくどちらのライヴも三者三様のライヴになるんだろうな、とワクワクです。
弾き語りって言っても、音の楽しみ方って色々あるんだな、と思ってもらえる夜になると思います。
スポンサーサイト

Comment

Write

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

PROFILE

こーじ

Author:こーじ
愛知県に住んでいる
ギター&ボーカルな人です。

CALENDAR

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

VISITOR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。