上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(日記)文字との会話

ずいぶんご無沙汰してました。
やっぱりスマートフォン買うと、PC開く割合が減るね。

ツイッターを見てくれてる人たちは、ご存じ(?)の通り、
最近、読書熱が復活して…と言うよりも
苦しみ続けていた日本三大奇書が読み終わったお陰で、
色んなジャンルの本を読んでおります。

えーと、思いだせるだけ書いてみると…
入間人間著『多摩子さんと黄鶏くん』
町田康著『夫婦茶碗』『くっすん大黒』
太宰治著『人間失格』
谷崎潤一郎著『春琴抄』
柳美里著『女学生の友』
…まだあったと思うけど、思いだせません…。

本を読む、と言うのは、まぁ、ある意味では作詞の勉強になっていて、
(ただし僕は勉強だと思っておりません、ですよ)
文字でどうやって表現する、って事もそうなんだが、
この人(作者)は、ある事象について、
こう考えている・こういう視線でみている
って事を知る機会になります。

それは、人と会話する事に似ています。

もちろん、会話とは違って返答は返ってきませんが、
自分の中で「この人はこう考えているんじゃないか?」と想像し、
その後「じゃあ俺はどう考えているのか?(いたのか?)」と逡巡する。
その繰り返しをしている気がします。

話がかわりますが、最近『神聖かまってちゃん』を買いました。
TVで、あわわわわ、な事をやってたのもキッカケですが、
それで興味がわいたのは
「の子(ボーカル)は何を表現したいんだろう?」と。
決して否定的では無く、純粋に知りたかったんです。
前から『ロックンロールは鳴りやまないっ!!』を知ってはいて
あ、この曲はやられたな、と思っていましたが、
CDを買うまでにはならなかったのは、
他の曲にピンとこなかったのもあります。
そして、フイによったブック○フにCDがあった偶然もあります。
(偶然って大事、ですよね?)

で、聴いてみたところ、スゴクよかった。

ツイッターで少し書きましたが、詳細に書いてみると、
彼(の子(ボーカル))は他人に期待している、と思ったんです。
んー、ちょっと違うかな?
つまり希望を持っている、と。

歌詞にはこんなのがありました(ツイッターにもあげましたね)

「ねぇ、そうだろう。諦めてると僕らはなぜか少し生きやすくなる」

上手く言葉にできるか分かりませんが、僕なりの解釈は、
諦める事=期待しない事→裏切られる事が無い(自分にも、他人にも)
裏切られなければ、胸が苦しむ事がない。

でも、この歌詞を書いた・書けた時点で、
彼はとても、自分も他人も信じている・信じたい気持がある。
気持ちがあるし、それが捨てられなくて、苦しんでいると感じる。

苦しみたくないから、どーでもいー、と唄いながらも、
どーでもいー、と口に出したり、感じたりした時には
既に、どーでもよくない事、なんだよね。

んー、分かりづらいかなぁ?

話はちょっとずれますが、
最近やっと、中村一義『生誕也2011』が届いて、
久し振りに映像作品を観ました。

こちらの作品は素晴らしすぎるので、是非通販でお買い求め下さいっ!!
内容の『さわり』についても後日書こうとは思いますが、
僕は表現の違いはあれど、中村一義と神聖かまってちゃんは
似ている、と思っています、今のところ。

と、言うより、素晴らしい表現者の行き着くところは
きっと同じなんだと、もしくは、近いところなんだと、そー思います。
スポンサーサイト

Comment

Write

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

PROFILE

こーじ

Author:こーじ
愛知県に住んでいる
ギター&ボーカルな人です。

CALENDAR

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

VISITOR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。