上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花柄のカーディガン

今日はホテルにて、お風呂にゆっくりつかろーと思い、
コンビニ単行本(ちっちゃい少年ジャンプみたいなやつね)を買った。

『泣けるアカツカ』

天才バカボンやおそ松くんを含めた赤塚不二夫氏の作品から
感動できる話を集めたという触れ込み。
それは気になる。そりゃあ気になる。

そして読了。

すべてが泣けるわけではなかったけれど、
短編『ミスターイヤミ』
のらガキ、より『かあちゃん文字をならう』
(のらガキ、って初めて聞いた)

の2本が秀逸だった。

『ミスターイヤミ』は何度も読みたいと思えた。

あんまり言うとネタばれになるので言いたいけど言えないのがもどかしい。
この話は、どうやら他の作家との競作の様で、女性の絵が違う。
そして、この話のイヤミは(あの出っ歯の「シェーッ」って言う人ね)
普通の会社員だ。特にフランス帰りって設定は無い。
(「ミーは…ザンス。」とは言うけどね)

話自体はありきたりっちゃあありきたり何だけど、最後の終わり方が辛すぎた…。

是非読んでほしいです。
最初に言っておきますが、明るい話じゃないです。
あー、はい。僕、暗い人間なんで。

ちなみに今日のタイトルは『ミスターイヤミ』から付けました。

ところで『泣けるアカツカ』に多く出てきたのは「母親ネタ」だった。
映画『これでイイのだ!!』にも母親の話が出てきたが、
赤塚不二夫氏にとって、母親とはものすごく大きな存在なのだろうなぁ。
自分にとって大きな存在、とは一体何(誰)だろう。

そーいえば以前「『虚無への供物』は面白いぜ」と言いましたが、
今日やっと上巻を読了したところで、まだ全部は読んでません。
でも、笠井潔氏の『バイバイ・エンジェル』が、
「虚無への供物に捧ぐ」的なコメントがあった(と思う)けど、
それは何となく理解できた気がした。
もしかしたら下巻でとんでもない事になるかもだけど、ね。
早く下巻読みたい。

…今、テレビで(音声は消してます)やってる「スーパークールビズ」って
きっと定着しないよね。
デニムはともかく、アロハは…ないわぁ。何でアロハを入れたんだろ?
それなら雪駄とかも入れれば良いのに。

YouTubeにTheBirthdayのNewAlbumからの曲が少しずつUpされてます。
(上の文章、何だか中途半端に外国かぶれした人みたいね)
今、4曲Upされたんだけれど、「SとR」がとんでもなく格好良い。
リンクはつけませんが、聴いてみて損はないですし、アルバム欲しくなりますです。
ミイラズの初シングルも今月だし、楽しみが多いなー。

でも、先ず一番の楽しみは、今週日曜日(5日)のツーマンライヴです。
リニューアルした(髪型だけ)僕と、ゴトウケンジくんを観にきて下さいます様お願い申し上げ候。
スポンサーサイト

Comment

Write

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

PROFILE

こーじ

Author:こーじ
愛知県に住んでいる
ギター&ボーカルな人です。

CALENDAR

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

VISITOR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。