上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人はまだ(短編)

「ねぇ。」
「んっ?」
「ワタシの事、どれくらい好き、って言葉、どう思う?」
「どう思うって、どっちの意味で?」
「どっちの意味って、どーいう事?」
「それを言う人の気持ちをどう思うかって事と、その言葉の自体の意味って事かな。」
「じゃあ、まず気持ち。」
「じゃあって…。まぁいーか。
 それを言うのって、だいたい女の人だよね。」
「まぁ、そーね。」
「きっと、その女の人は、ただ聞きたいんだよね。」
「何を?」
「自分が相手に好きでいられている、って事を言葉で確認したい。」
「うん。」
「だから、男が大げさな事を言ってニッコリして、
 更に抱きしめたりしたら、もうそれでオッケイ。」
「何よそれ。ひどくない?」
「いや、まぁ、ひどいかも知れないけど、何もしないよりマシじゃない?」
「マシとか言う?」
「あー、ちょっと言い過ぎたかも。
 でも、まぁ、きっと言葉にはたいして意味がないって事だよ。」
「ふーん。まぁいーわ。じゃあ次は意味の方、言って。」
「本当に聞きたいの?まぁいーけど。
 意味はね、ほとんど無いと思うよ。」
「は?無いの?」
「うん。だって何を言っても満足する言葉なんて無いもん。」
「無い事は無いでしょー。」
「うーん。無いってのは言い過ぎかも知れないけど…。
 そもそも、質問自体がおかしいんだよ。」
「おかしいって。どこが?」
「そもそもね、どのくらい、って聞き方は比較だよね。
 そこで誰々ちゃんより好き、なんて答えたら最悪だよね。」
「最悪だね。」
「かと言って、宇宙の果てより好き、なんて言っても満足する?」
「まー、しないわね。」
「でしょ?ほら、意味無くない?」
「うーん、確かにね。他に何か良い言い方は無いの?」
「そーだなぁ。ずっと一緒にいたいくらいに好き、とかはまだマシかな。」
「宇宙の果てよりはね。」
「ね。結局何を言っても満足しないし、答えに意味はない。ただ聞きたいだけ。
 そんな言葉だと思うよ。」
「ふーん。そんなものかなぁ。」
「じゃないかな。」
「で、もう1つ聞きたいんだけど。」
「ん。何?」
「ワタシの事、どれくらい好き?」
「キミはボクの事、どれくらい好きなの?」
「アナタと同じくらい好きよ。」
「偶然だね。ボクもキミと同じくらい好きだよ。」
 
スポンサーサイト

ライヴ予定(5月24日以降)

2012年5月26日(土)
creamy&cute GURUxGURU
@池下GURU×GURU
『再生』

ゴトウケンジ
中野こーじ

オープン19:00 スタート20:00
ライブチャージ 1500円
別途、入場時1ドリンクオーダー必要

2012年6月1日(金)
@池下GURU×GURU
詳細後日

2012年6月22日(金)
@新栄SunsetStrip
詳細後日

2012年7月14日(土)
@三重/高茶屋ボナンザ
詳細後日

今日から先のライヴ

世間は金環日食で盛り上がる中、月曜はどうやら名古屋は曇りみたい…。
お元気ですか?中野こーじです。ちゃお。

最近は、The Bohemiansを聴いたり、
もちろん、竹原ピストルさんの新譜を聴いたり、
不意に、サカナクションを聴いたり、
時折、小説を読んでみたりしながら、日々過ごしてます。

天気が落ち着かなくて、気持ちも落ち着かないせいか、
少し暗めな文章が浮かんでは消え、また浮かぶ。
そんな事の繰り返しです。

そんな経験ありませんか?

さて、今夜、歌わせて頂きます。
久し振りに、ナカヤヒデキくんと一緒です。
夜にはきっと雨も止むでしょう。
僕たちと一緒に、夜を過ごしませんか?

2012年5月18日(金)
creamy&cute GURUxGURU
@池下GURU×GURU

ナカヤヒデキ
中野こーじ

オープン19:30 スタート20:00
ライブチャージ 1500円
別途、入場時1ドリンクオーダー必要

2012年5月26日(土)
@池下GURU×GURU
詳細後日

2012年6月22日(金)
@新栄SunsetStrip
詳細後日

2012年7月14日(土)
@三重/高茶屋ボナンザ
詳細後日

ある春、公園で。

桜が咲くのが春の始まりなのか、
それとも桜が緑になるのが春の始まりなのか、
なんて事を考えながら、一人歩いていた。
それは通りすがりの公園の桜が、とっくに新緑になっていたせいかも知れない。
子供たちは狭い広場で、おそらく自分たちで勝手に作ったルールの中、
サッカーに似た競技をしている様だ。
僕には全く勝敗が分からない。
「おい。」
と、声を掛けられたのは、そんな事を考えている時だった。
「おい。」
もう一度掛けられた事は、かすれた割にはハッキリしていて、まるで冬に踏みしめた枯れ枝の様だった。
振り向くと、そこには老人がたっていた。
何処で売ってるんだろう?でも、それって杖以外に言い様が無いと言わんばかりの
クエスチョンマークみたいな木製の杖を付き、腰は曲がっている。
頭には茶色のニット帽をかぶって、白髪の無精ヒゲ。
ニット帽と色をあわせた様なニットのベスト(チョッキって言う方が合ってるね)。
その下にはグレーのスエット。
パンツは…色の濃いモモヒキじゃないですよね、おじいさん??って感じのパンツ。
簡単に言うと、ベタは『老人』がそこには居た。
目が合った事が分かると老人は
「タバコをもらえんか?」
と続けた。
断る事も出来たんだろうけど、何故だかその時は断るなんて事が全く思い浮かばず、
ポケットからタバコの箱を出して軽く振り、差し出すと老人は
「なんだ、洋モクか。最近の若いモンは…」
と言いながらも飛び出した内の1本をつまみ、そしてくわえた。
…どうやら、僕は火も付けなければいけないみたいだ。
タバコをしまったポケットから、ライターを取り出し、火を付けて老人に差し出すと、
「なんだ、マッチも持っとらんのか。最近の…」
と言ってから(言い終えたかもわからないけど)タバコに火をつけ、
ゆっくりすいこんで、また同じ様にゆっくりと煙を吐き出した。

その一連の動きを見終えて、僕は歩き始めようとした時、
「キミの影は薄いな。」
と言う老人の声が聞こえて、振り向いた。
僕の顔は、どうやら相当に怪訝な表情になってたらしく、
老人はニヤリとしたり顔で僕の方を見ていた。
「うん、キミの影は薄い。」
僕は、怪訝な顔を固定したままで、考えをめぐらした。
…影が薄い?そりゃあ見た目も目立つ方じゃないし、勉強もスポーツもそんな得意じゃ無い。
けど、なんで今、この人に言われなきゃいけないんだ?
って言うか、何の事を言ってるんだ??と考えても出ない答えを探していると、
「見ろ。足元。ほら、やっぱり薄い。」
と老人が続けた。
僕は自分の足元を見た。
まだ、陽は高い時間だから、影は足元周辺に小さくまとまっている。
僕は自分の影を見たけど、いつもと何が違うのかサッパリ分からなかった。
僕の動く通りに動く影。それ以外の何物でもない。
もう一度、老人の顔を見ようと顔をあげたとたん、老人はもっていた杖を僕の足元に付きたてた。
思わず杖を目で追い、もう一度足元をみると、

杖の影が、僕の影の上に出来ていた。
僕の影の上に、はっきりと杖から伸びる影が出来ていた。

僕はもう一度、老人の顔をみた。
その顔はさっきよりもずっと深いシワが刻まれていた。
老人は声に出さずにニヤリと笑っていた。
立ち尽くす僕をしばらく眺めてから、老人は言った。
「そんなんだとと、とってかわられるぞ。」
老人は相変わらずニヤニヤしつづけ、僕は怪訝な顔から、より怪訝な顔に変わりつつあった。
「それとも、お前さんはもう…。」
そう言って老人は、少し考えたそぶりをしながら、杖をひっこめた。
僕は何が何だか分からず、立ち尽くしていたが、老人は、フェッフェと笑ったその場を去ろうとした。
何か言わなきゃ、と思って声をだろうと思っても、何を言っていいのか分からず、
口からは空気がもれるだけの僕は、もう一度足元をみた。

僕の影は揺れていた。
それはまるで笑っている様だった。
怖くなって、顔をあげると、そこにはもう老人はいなかった。
影の揺れもおさまっていた。

GWの過ごし方2012(ライヴもあるよ)

GWは如何お過ごしでしょうか?
僕は、まー、楽しくやってます。
今日は愛知美術館にて『魔術/美術』ってのを観に行ってきました。

やっぱりエッシャーは興味深くて、
それ以外にも興味深い絵や作品は色々あったけど、
後半になって、現代美術になると、ちと暗めな作品が多く
魅かれはするものの、どこか気持ちが滅入ってしまった感も無きにしも…。

とは言え、普段触れないものに触れるのは良いな、とも想います。

その後は、二郎系ラーメンと言われる『ら・けいこ』さんでラーメンを食し、
大変満腹になると途端にやる気が無くなるもので、
来週にせまった、母の日、ってやつのプレゼントを買いにラシックに行くも
全然テンションが上がらず(いや、そもそも最初からローテンションですよ)
何とか、品物を購入し、ちょっぴり街をブラブラして、
サンシャインでウルトラマンエースをチラ見して帰ってきました。

ところで、母関係(と言っても誕生日と母の日)のプレゼントは
ここ最近、ROSEBUDばかりになっています。
もちろん、僕が入ればとても場違いですが、個人的にTシャツも欲しくなりました。
しかし、さすがにリズリサやジル・ステュワートには入る勇気がありません。
場違いどころの騒ぎでは無いでしょうね、きっと(確実に不審者)。


遅くなりましたが4月22日と5月2日のライヴ、観て下さった方、関わって下さった方、
本当にありがとうございます。
自分として、何と言うか…やれた、やれなかった、とかでは無く、
意味のあるライヴだった気がします。

最近、汗だくになってスミマセン…。
そんなに汗だくキャラでは無かったハズなのに、なぁ。


そんな僕は最近、辻村深月さんの本を読んだり、
いしいしんじさんの本を読んだりして、少し読み幅を広げています。
とは言え、漫画『坂道のアポロン』やら『BAKUMAN』やら
もちろん『ワンピース』の新刊も読んでみたり。
更に『銀の匙』にものすごく興味が引かれてみたり…。

と、同時並行に映画も観てますね。
『アーティスト』は本当に素晴らしかった。もう1回観ようかな?
『モンスターズ・クラヴ』も考えさせられる映画でした。
『ドライヴ』は…心臓に悪かった…。

そうそう、名古屋港水族館はとても素晴らしい場所でした!
心のどこかで、プールでしか泳げない彼らを見ているのが苦しくなる事もあったけど、
総じてワクワクする場所だって、今更ながらに実感しました。
東山動物園も、行ってみたいな、と思います。
そして、久しぶりに掛川花鳥園にも行ってみたい。

そんな日々を過ごす中、ライヴを観たり、ライヴをしたり、
色んな人達と関われて、それはとても幸せな日々だと思います。

とりとめも無い日記でスミマセン。
明後日、ライヴあります。
良かったら、今の僕を、観に来てもらえませんか?

2012年5月6日(日)
『俺のクラッチ、君のグレッチ終了のお知らせ。』
@池下GURU×GURU

大栗ブラウン
ゴトウケンジ
中野こーじ

オープン19:00 スタート20:00
ライブチャージ 1500円
別途、入場時1ドリンクオーダー必要

2012年6月22日(金)
@新栄SunsetStrip
詳細未定

2012年7月14日(土)
@三重/高茶屋ボナンザ
詳細未定

…こっそり三重で初ライヴです(照)

PROFILE

こーじ

Author:こーじ
愛知県に住んでいる
ギター&ボーカルな人です。

CALENDAR

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

VISITOR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。