上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レット・ハー・ダウン・イージー

遅くなりましたが、先週の金曜・土曜のライヴを観てくれた皆様、聴いてくれた皆様。
本当にありがとうございました。
新曲『或る光』もすこしづつ僕の曲になってきている気がします。
(オリジナルなんですよっ!)

ライヴ情報もUPしておりますので、そちらもご覧下さい。
ちなみに9月16日(金)と18日(日)です(結局コッチでも書いた!)

さて、昨日ツイッターでも書いたけれども、急に言葉がブワワッと頭に出てくる時があって、
それは、もしかしたら疲れてたから、アッチに繋がりかけたのかな?と思ってみたりして、
そんなこんなで、繋いでは忘れていく連想ゲームをしていると、
何かしらの答え的なものが、フッと浮かんだりします。

それは最近本をたくさん読むようになったことも理由かも知れません。
『寄生獣』的に言えば(分かりませんか?)情報が入りすぎて考える時間が必要、なのかも知れません。
何にしろ、最近は色々と考えます。

もちろん、曲を作る事による認識or再認識もあるのでしょうが、
友人と話したり、ブログを書いたりする事でのそれもあります。

昨日思った事は『人はそれぞれに愛の形が違うのではないか?』と言う事です。
その結論としては『その人なりの愛があれば良いのではないか?』でした。

村上春樹氏の描く愛も、ジョン・レノン氏が歌う愛も、違うのでは無いのかな、と。
文化の問題とかではなくて、ね。

うーん、愛について書くと確実に誤解を招くとは思うのですが
よっぽど歪な形でない限り、それぞれが思う愛で相手に接すれば良いのかな?と思いました。

武田鉄也氏の様に言えば、『愛と言う漢字は心を受けとめる、と書くのだよ』
なーんて言うのでしょうが、それは言いえて妙だと思っていて。
僕も前までは相手のすべてを受け止める事、だと思ってました。
今もそー思うんですが、それだけでは無いのでは無いのか、とも思います。

僕の好きなミュージシャンでテレンス・トレント・ダービーと言う人がいます。
元々はジョジョのキャラで知りました(TTD:ギャンブラーです)。
彼の歌の歌詞に『Let Her Down Easy』って言葉があって、
本当の意味は違うのかな?と思いますが、
その対訳では『彼女を優しく論してやるんだ』ってなっていて、
その言葉が僕はとても好きなんです。

なんだか、相手を受け入れた上でもっと良くなる様に話そうとしている、そんな気がします。
それが今、と言うか、ずっと思っている僕なりの愛だと思っています。

じゃあ愛せてるか?と聞かれれば、うまくいってる、とは言い難いですけどね。

あなたにとっての愛はどんなですか?
スポンサーサイト

PROFILE

こーじ

Author:こーじ
愛知県に住んでいる
ギター&ボーカルな人です。

CALENDAR

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

VISITOR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。