上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝2時半まで見てた夢

7月3日(日)は池下GURU×GURUさんにて
『赤と青の優柔不断なストロークvol.2』です。
詳細はコチラです。ヨロシクお願いしますm(_ _)m

さて、昨日ツイッターでつぶやきましたが、夜中に変な夢を見て起きてしまいました。
それの詳細を書いてみようと思います。
…だれか読みたい人がいるのかな?

※昨日の夢

夜、どこかの街にいる自分。
コンビニやら、商店街やらを通り過ぎ、右左に曲がりたどり着いた高台にあったちょっと近代的な建物。
入ると店内も少し暗い。壁や床は暗い赤色。
入った所が円形のバーになっていて、入口の向いが四角く先に伸びている。
少し歩くとその先に、DJブースがある。入口から見て右側にはステージ。左側は分からない。
僕は、ステージの前のテーブルに座り、大学時代の友人と話している(彼を仮にAとしよう)。
いつの間にか吉井和哉さん(ザ・イエローモンキー/Vo.)が居て、何やら僕に言ってからステージへ。
吉井さんの呼びかけにバーの色んな所から、ザ・イエローモンキーのメンバーがステージに集まる。
そして演奏スタート!!…するも何故か本来ギターの人がベースを弾こうとしていて、
途中で本来のベースの人にベースを渡して、ステージ前で踊る。
ギターとドラムは誰だか分らない。でも何故か再結成と認識。
歌う曲は『太陽が燃えている』途中で吉井さんが今まで来ていたヨレヨレのシルクシャツを脱ぐ。

吉井さんがステージ前のテーブルにいた僕に近づき「ヤニが吸いたい…(ゴニョゴニョ)」と言ってまたステージへ。
僕はAに「ヤニが吸いたい、って言ったよね?買って来いって事よね?」と確認し、タバコを買いに行く。
「確か来た道にタバコの自販機があったなぁ」と思いながら、
別の道を通り、コンビニを通り過ぎ、自販機にたどりつく。
そーいえば、吉井さんは「最近、タールが下がったやつ
(これが”ゴニョゴニョ”の部分)って言ってた気がする。
それをAに携帯で確認。彼も多分そーだ、という。そしてパッケージは真赤(ロゴとか無い)。

自販機を見ると、大々的にポスターが貼ってあった真赤なタバコは全部で3種類あり、
タールが2→0、6→0、8→6、と表示されている。
つまりどれも最近タールが下がったタバコだった。

どれを買えばよいんだろう?と思っていたら、自販機の置いてある店(なぜか商店街っぽい屋根)の奥から
奥田民生さんと桑田圭祐さんがビール片手に出てくる。
でも、なぜかさっきのライヴバーに居た模様。
二人に、吉井さんのタバコを聞いてみても「分らない」と言われる。
その後、民生さん、桑田さんはイエローモンキー再結成に関して「聞いちゃいられない」と言いながらどこかに行く。

その前後あたりから、何故か頭にツイッターの様にさっきのバーのDJ情報が流れだす。
さっきのDJは昔知り合った高校生の男の子(名前は覚えてない)だった様で、
今のDJは同じ時期に知り合った、その高校生の同級生の女の子だった。
それは聴きに行って、会いたいな、と思い、またまた違う道から右往左往しつつバーに戻る。

イエローモンキーの演奏も、彼女のDJも終わった後だった。

…その後、多少あった気がするが、このあたりで目が覚めた。
スポンサーサイト

6月27日の日記

今週金曜は『赤と青の優柔不断なストロークvol.2』です。
詳しくはコチラから。
お誘い合わせのうえ、よろしくお願いします!!

そして、日曜はライヴでした。
観てくれ、聴いてくれた方々、ホントに有難うございました。
共演の橋本進くん、尋オメガくん、ナカジマリョウタくんと飲んだり話したり。

してたら、当日UPSETでライヴだったバンド
『Summer Set』のギタリストJoshくんが来て、
カタコト英語(殆ど話したのは橋本進くんです)でお酒を飲む。
何故か「友達の証だ」とウィスキーをショットで一緒に飲む、と言うハプニング。
でも、楽しかった。また何処かで会えたら良いなぁ。

そんな楽しい夜でした。当然、翌日は後悔でした(体調的に)。

そんな僕は、だいぶ前からえっちらおっちら読んでる本
(ところで、えっちらおっちら、って何?)
『図解雑学 フロイトの精神分析』
(僕のツイッター上の写真はコノ本の上で撮影しました)

今朝からさっきにかけて、かなり面白い。
…と言うよりも、僕の考え方がフロイト的だったと思わされた。

まだまだ詳しく話せる程に理解してないんだけど。

人間の欲動は2種類
『生の欲動』と『死の欲動』
と言うのがあるそーだ。

死の欲動、ってのはわかりにくいんだけど、
『無への憧れ』と言うか…うーん。
例えば、タバコを吸う事も、死の欲動から来ているとも言える(らしい)。

生の欲動は、食欲とか睡眠欲とかの自分を守る為の欲と、文字通り性欲なのだ。
でも、性欲にも色々あって、それも興味深い。

うーん、まだ全然まとまってないなぁ。
これについてはまた書こう。

でも、何と言うか、すべては自分を見つめなおすキッカケになったりするのです。
そしたら、また違う曲が書ける、かも知れません。

そー言えば、新曲出来ました。
もーちょっとアレンジしようかな?とも思いますが、とりあえず昨日から歌い始めました。
ややキーが高いのがつらいところですが、中野こーじ『らしい』曲だと思います。

楽しみにしていてもらえたら嬉しいです。
そして、おやすみなさい。

良い夢も、悪い夢も、きっと今の自分に必要な夢なんだろうね。

6月・7月のライヴ(更新)

6月26日(日)アコースティックライヴ@池下GURU×GURU

橋本進
中野こーじ
etc.

オープン:18:30 スタート:19:00
ライヴチャージ:1000円
別途ドリンクオーダー必要


7月3日(日)
『赤と青の優柔不断なストロークvol.2』@池下GURU×GURU

ゴトウケンジ(岐阜)
中野こーじ(愛知)

オープン:18:30 スタート:19:00
ライヴチャージ:1000円
別途ドリンクオーダー必要

よろしくお願いしますっ!!
お待ちしておりますm(_ _)m

※※追加っ!!!

7月20日(水)
RC×KC Presents『AC/RC』@大阪キングコブラ

チャー絆
キタムラリョウ
上原麦
ゴトウケンジ
中野こーじ
DJ die
etc.

初の県外ライヴが決まりましたっ!!
色々、感謝の気持ちでいっぱいです。
お近くの方、お遠くの方、寄り添って会いに来て下さい。
ヨロシクオネガイシマスッ!!m(_ _)m

いつか、いつも

こんばんは、中野こーじです。ご機嫌如何?
もしかしたら今週日曜日もGURU×GURUさんでライヴさせて頂けるかも知れません
詳細決まり次第UPしますので、ヨロシクお願いするザンス。

そして先週土曜日に観に来て下さった方、有難う御座いました(泣)。
これからも精進致しますのでよろしくお願いいたします。

川村ケイタさんも仲良くしてくれて、楽しい夜でした。
泥酔してスミマセン…。

んでもって、昨日のGURU×GURUさんは
ゴトウケンジくん(+オオグリくん)とリュウタくんの在籍するブルーバレンタインのライヴ。
二組とも格好良いし、勉強になりました。
楽しい夜を有難うございました。

今日、と言うか、ついさっき、
泉和良著『私のおわり』読了しました。
この物語は『私』が死ぬところから始まるんだけども…
あんまり言うとネタバレになるので止めておきます。

そして、先週金曜日には生まれて初めてのミュージカル鑑賞に行ってきました。
劇団四季オリジナル『夢から覚めた夢』
思ってたより良かったです。また観ても良いかな?と思います。

と、この2つの話。共通点は…

『死』

でした。

色々と考えさせられる話で、『命を大切に』なんてメッセージは当たり前だけれど、
それだけでは無い内容で、う~ん、となっております。

この『死生観』と言うやつは、語ると宗教的な面がどーしても出てしまって悩みますが、
僕は『あの世』は無い方が良いと思ってます。
いや、ほんとはあって欲しいんです。
好きな人とは死んでも一緒、とか、来世も会おう、とかって大事な『想い』だし、大事な『祈り』だと思います。
そーであれば、死も怖くないかな、と。
そして、誰か大切な人を失っても、あっちで無事にいてくれたり、見守っててくれてたり、って思う気持ちは大切だと思いますし、思ってます。

でも、死は怖いもので無ければいけないと思うんです。
死に救いを求めてしまうのは…う~ん、個人的に嫌だな、と。
どーしようも無く生きてる事がつらくなってしまう事もあるのは、何となく理解出来ます。
それよりは、死で終わらせて楽になりたいと、そーいう気持ちも分かるんです。
(簡単に分かると言っていい事では無いですが…)

けど、やっぱり誰にでも生きていて欲しいと思います。

死について語るのは、何を言っても不謹慎な気がして、ほんとは書くべきではないのかも知れません。
僕は、生きてる人達に生きていて欲しいんです。
世界中すべて、とは言えません。せめて、ワガママですが、僕の周りの大切な人達に、ずっと生きていて欲しいと思います。

僕は生きていたいです。みんなにも生きていてほしいです。
そしていつか会いましょうね。そしたらいつも会いましょうね。

TVを捨て、人と話そう。

しつこいですが、土曜日はライヴです。池下はGURU×GURUさんです。
お誘い合わせの上に、お誘い合わせのうえ、お越しくださいませ。
詳細はコチラです。

僕の家にはテレビは無い。が、PCがあるので見たければ見れる。
でも、ほとんど見ません。おかげで「うわぁ~、見逃したぁ~っ!!」みたいな事もちょくちょくあります。
でも、あんまり後悔しません。そんなもんです。

僕は昔はほんとにTVっ子で、暇さえあればTV見てました。
小学生の頃なんて、ものすごいインドアで(今でもそーですが)
夏休みの友達はN○Kの教育TVでした。
だから、夏休みの午前11時~12時までと、13時半~16時までが嫌いでした。
(教育TVが教育っぽい事をしなくなってから、いいとも始まるまで。そして、ごきげんよう、終わりから夕方のアニメまで)

そんな僕は年月が経ち、朝起きたらTVをつけて目覚ましTVを見ながら準備して、
占いカウントダウンを見たら出かける様になり、
帰ってたらTVをつけ、ドラマかバラエティが終わったらお風呂に入る。
なんて生活をしていたものです。

で、なんと言うか「ルーチン的にTV見てる!!!」って思っちゃったんですね。
よく考えたら、そんなにちゃんと見てない、とか、時計代わりとか。
んで、たぶん、本を読むようになった事も大きいんでしょう。

TVが決して悪いとは言いません。よい番組もたくさんあります。
(今週土曜の深夜は、ヒムロック観たいもんね!)

でも、もし、仮に、『何となく』観てるんだったら、
その時間を傍にいる人と話す時間にしたいと思いますし、して欲しいと思います。
『今、TV観てるから』って言われたら、悲しいもん…。

って、事を思ったりして書いたりしたのが『青』って曲です。

…最近、こんな終わりが多いですね。やや反省。

奇書への供物

今週土曜はGURU×GURUさんにてライヴです。
詳しくはコチラをご覧下さい。
よろしくお願いしますっ!!

そう言えば、ちょっと前にブログに書きました
中井英夫著『虚無への供物』読了しました。

えーと、ちょっぴりマニアックな話をしますが…
日本三大奇書と言うのがありまして、詳しくはウィキって頂ければ分かりますが、
『奇書』と言うのが推理小説を意味しているらしいんです。
ですので、どこまでを言うのかは分かりませんが今のところ
『ドグラマグラ』
『黒死館殺人事件』
『虚無への供物』
の3冊が日本三大奇書とされているそーなんです。

そのうち『ドグラマグラ』は結構前に読んで
「さすが、読んだら一度は精神に異常をきたす、と言われてるだけあるなぁ」なんて感心してたんですが、
『黒死館殺人事件』は、もー、何回も挫折して、今も挫折しかけてます。

『虚無への供物』に関しての詳しい話は読まれる方も居ると思うので避けますが、なかなかに興味深い作品でした。
『読者としての姿勢』に対して、物申している様でもあり、『ニュースを見る視聴者としての姿勢』に対しても、物申している様でした。
機会があったら読んでほしいと思います。
そんで、内容を語りましょう。

そう言えば、先週の土曜日に映画を2本観ました。
ツイッターを見てくださってる方はご存じでしょうが(koji_1111(中野こーじ)で存在してます)
『さや侍』と『大木家の楽しい家族旅行 新婚地獄篇』です。
こちらもなかなか詳しい内容が言えませんが、どちらも良い映画でした。
特に『さや侍』は………察してください…。

そして今朝(こちらもツイートしましたが)
中田永一著『百瀬、こっちを向いて』と言う短編を読みました。
これ、短編集で、表題作が『百瀬、こっちを向いて』となっております。
昨日、ヴィレッジ・ヴァンガードに行ったら『岩井俊二推薦!!』と書かれていて
裏を読んだら面白そうなので買って、今朝30分位で表題作を読みました。

わりかしよかったです。

最近、そんなふーに、少し久々に小説やら映画に触れて幸せでした。
もちろんライヴをやれる、させてもらえる事も大きな幸せです。
観にきてもらえたら、更に幸せです。よろしくお願いします。

で、今日、TheBirthday『I’M JUST A DOG』と
泉和良著『セドナ、鎮まりてあやけり』を買いました。
どちらも、ものすごく楽しみにしてたんで楽しみです。
つーか、今、CDが聴けない状況にありますよって、『セドナ、~』を楽しんでます。

皆様もオススメの本などあったら教えてください。

LOVEとLIKEは違う事なのさ

今週の土曜日に池下はGURU×GURUさんにてライヴがあります。
詳細はコチラから、お願いいたします。

さて、先々週はゴトウケンジくんとのツーマンライヴ。
先週は空色シネマさんとのライヴ。
どちらもGURU×GURUさんにて歌わせて頂きました。
自分はまだまだと実感してしまいます…。

ゴトウケンジくんは、やっぱり格好良くて…
オオグリくんとのユニット(オオグリゴトウ?)もメチャクチャ格好良かった。
一緒にツーマンライヴやれて、ホントに励みになります。

空色シネマさんは、とてもステキで、一緒にやれてよかったです。
ライヴの間にお芝居をされてたんですが、
即興で演じれて、ちゃんと話しにするなんて信じられません!!
また一緒にやれたり、観たり出来たらよいな、って思いました。

遅くなりましたが、ライヴに来てくれた方々、本当にありがとうございました。
もっと良い演奏、曲をやっていきますんで、今後ともよろしくお願いしますっ!!


さてさて、何だか最近バタバタでブログもアップしてなかった。
今日は何について話そうかな?とおもうんだけれど、
今日も酔っ払っている僕は、こんな事を思ってた…っていうかいつも思うんだけど。

『LOVE』は『LIKE』の最上級じゃない。

なんていうか、世間的に『LIKE』、つまり『好き』の最上級として…
GOODに対するBESTみたいな感じで考えられてるんじゃないかと思ったりします。
でも(吉井和哉さんも歌ってますが)『LOVE』ってもっと重いものだと思うんです。

そんな事は人それぞれの考え方で良いと思うんだけど、と言う前置きありきで話しますが、

例えば、『兄弟愛』とか『親子愛』なんてのは『好き』とかで表現出来ない様な気がして、
『好き』って言葉では、軽い、気がするんです。
かと言って『愛とは無償なもの』と言うのも違う気がする。

いや、無償とか見返りを求めないものだと思うんですよ!!
でもね、じゃあ例えば好きな人がいて、その人の幸せを願うのは当たり前だけど、
自分では無い、その人が好きな人と幸せになって欲しいって心から言えるか?って言ったら
それは「う~ん」と考えちゃいます。僕は、ね。
「俺が幸せにするぜぃっ!」なんて思えたらよいんですが、それもエゴな気がする。

じゃあ『愛』って言えるか?なんて思ってたら、全然言えませんでした。
多分、僕、誰かに言った事、無いんじゃないかなぁ?

でも、前にブログで書いたけれど、やっぱり口に出さないと、そうなっていかない!
と思って、初めて曲に『愛』って使ってみたんです(街の灯、って曲です)。
僕にとっても挑戦でした。
僕が言って良いのか?言えるほどの自分なのか?って言う葛藤もあり…。

で、言ってみた結果、自分としては何だかしっくりきた。
それは色んな曲の中で歌われたからかも知れないです。
歌ってる時の気持ちは?と言うと…よく分かりません。

ただ、『好き』だけでなく…う~ん、なんていうか、
『包み込みたい』みたいな気持ちで居る様な気がしています。

こーやって曲は色んな発見やら確認やらをさせてくれます。
今も曲は作ってますが、自分でもどんなのが出来るか楽しみです。
次のライヴで演奏出来るかどーかはわからないですが、
近々、新しい曲を歌えたら良いな、って思います。

気長に、楽しみにしていて下さい。

あ、もー遅い時間ですね。寝ましょうね。
みなさんも酔い…良い夢みて下さいね。
でも、悪い夢みても、それは必要な事だったと思いましょーね。

おやすみなさい。

…前も『愛』について書いたけど、また違う感じですね。

君にはどう見える?

今週末は池下GURU×GURUにてライヴです。
詳しくは、過去ブログ→コチラからどーぞ。
ヨロシクお願いするのココロ。

そして、前回(?)の答え、ですが(興味ある人いますかぁー?)
3399→(3×3)÷9+9=10
9999→(9×9+9)÷9=10
でした。
はい、どーでもいーですね。

さてと、今日は車の中で考えた…というか思い出した事。

多分、テレビやいろんな本でも言っていて、
もしかしたら、以前ブログでも言っているかもですが…

たまに『他の人は、自分とは違う色を同じ名前で認識してるんじゃないだろうか?』と思います。
例えば、僕が『ポストの色は赤色』と思っている事って、
他の誰かさんも『ポストの色は赤色』って思っているけれども、
その誰かさんの目にポストは、僕が認識している色で言うところの『緑色』に見えていたりするかも、とか思うんです。。

わかりにくい、ですよね?
んー、説明が難しいにゃあ…。

漫画『寄生獣』(岩明均氏)の中で
(今から読んでない人を取り残していきますので、読んでない方はすっとばして下さい)
ミギーがシンイチの夢に出てきた時の会話は、こんな感じでした。
シンイチ『ミギー、何だ、その姿は?』
ミギー『君には、そう見えるのか?』

つまり、他人とは、必ずしも同じ様に認識してないのでは?と思うのです。

それに、僕らは、この世を自分の目で見て、脳で情報を認識します。
それは、さっきの『寄生獣』の話にもあるのですが、
他の人と同じ物を見ても、同じ形として認識していないのでは無いか?とか思います。

つまり『この世』は共有しているけれども、それぞれの認識は同じでは無い、と。

でも、だからこそ、もしかしたら違う様に認識しているからこそ、
色んな考えがあって、いろんな絵があって、いろんな曲があって…
そんな個性が出るのじゃないかな?と思います。

そして『この世』を認識して、それぞれの頭の中にできた世界は『それぞれの世界』であるならば、
自分の思い描く世界は、素敵なものにした方が良い…

と、思って書いた曲が『僕らの世界』でした。
いえ、結果的にそんな曲になったのが『僕らの世界』です、と言うのが正しいです。

…って前も書いた気がするし、すごく分かりにくくてゴメンなさい。
いつもブログは思いついたヒントから書きながらまとめるので、こんな時もアリンス。

6月のライヴと7月のライヴ(ちょっとだけ:更新)

6月12日(日)

空色シネマ
中野こーじ

オープン:18:30 スタート:19:00
ライヴチャージ:1000円
別途ドリンクオーダー必要


6月18日(土)

川村ケイタ(千葉)
中野こーじ
etc.

オープン:18:00 スタート:18:30
ライヴチャージ:1500円
別途ドリンクオーダー必要


7月3日(日)
『赤と青の優柔不断なストロークvol.2』
ゴトウケンジ(岐阜)
中野こーじ(愛知)

オープン:18:30 スタート:19:00
別途ドリンクオーダー必要

頭の体操(算数)

僕は車に乗っている時に、CDを聴いたり、鼻歌歌ったり
タバコを吸ったりしている訳ですが(知らないよね)、
昔、中学生~高校生の期間に通っていた学習塾の先生に
教えてもらった『お遊び』をやっている時間が多分一番長い。

それは、4ケタの数字(車のナンバー)を使って『10』を作る、と言うものだ。

ルールとしては…
・数字は1回づつのみ、必ず使い、順番は入れ替えても良い。
・+-×÷のみを利用する(√、○乗、は使わない)
…くらいかなぁ?

まぁ、シンプルに計算すればよいのです。

例をあげると…

1234、と言う数字があるとすれば

1+2+3+4=10

になるわけです。
あ、簡単すぎた。

2345、と言う数字があるとすれば

4+3-2+5=10

になるわけです。

3456、と言う数字があるとすれば、

5×(4-6÷3)=10

になるわけです。
はい、ややこしくなってきましたね。
でも、掛け算・割り算を使って解けると、爽快感が増します。

じゃあ、
4567、と言う数字があるとすれば、

5×(6÷(7-4))=10

になるわけでした。
そうなんです。
5×2=10、ってのは結構重要になってくるんです。

ま、どーでもいいですよね。

興味のある方は、次の4ケタに挑戦してみて下さい。
あ、全部の4ケタの数字が10になるわけではないですよ。

3399
9999

これが解けた時、僕はだいぶスッキリしました。
次回のブログで(多分)答えを掲載します。

さて、明日は池下GURU×GURUにてライヴです。
ゴトウケンジくんとツーマンです。
お誘い合わせのうえ、よろしくお願いいたします。

花柄のカーディガン

今日はホテルにて、お風呂にゆっくりつかろーと思い、
コンビニ単行本(ちっちゃい少年ジャンプみたいなやつね)を買った。

『泣けるアカツカ』

天才バカボンやおそ松くんを含めた赤塚不二夫氏の作品から
感動できる話を集めたという触れ込み。
それは気になる。そりゃあ気になる。

そして読了。

すべてが泣けるわけではなかったけれど、
短編『ミスターイヤミ』
のらガキ、より『かあちゃん文字をならう』
(のらガキ、って初めて聞いた)

の2本が秀逸だった。

『ミスターイヤミ』は何度も読みたいと思えた。

あんまり言うとネタばれになるので言いたいけど言えないのがもどかしい。
この話は、どうやら他の作家との競作の様で、女性の絵が違う。
そして、この話のイヤミは(あの出っ歯の「シェーッ」って言う人ね)
普通の会社員だ。特にフランス帰りって設定は無い。
(「ミーは…ザンス。」とは言うけどね)

話自体はありきたりっちゃあありきたり何だけど、最後の終わり方が辛すぎた…。

是非読んでほしいです。
最初に言っておきますが、明るい話じゃないです。
あー、はい。僕、暗い人間なんで。

ちなみに今日のタイトルは『ミスターイヤミ』から付けました。

ところで『泣けるアカツカ』に多く出てきたのは「母親ネタ」だった。
映画『これでイイのだ!!』にも母親の話が出てきたが、
赤塚不二夫氏にとって、母親とはものすごく大きな存在なのだろうなぁ。
自分にとって大きな存在、とは一体何(誰)だろう。

そーいえば以前「『虚無への供物』は面白いぜ」と言いましたが、
今日やっと上巻を読了したところで、まだ全部は読んでません。
でも、笠井潔氏の『バイバイ・エンジェル』が、
「虚無への供物に捧ぐ」的なコメントがあった(と思う)けど、
それは何となく理解できた気がした。
もしかしたら下巻でとんでもない事になるかもだけど、ね。
早く下巻読みたい。

…今、テレビで(音声は消してます)やってる「スーパークールビズ」って
きっと定着しないよね。
デニムはともかく、アロハは…ないわぁ。何でアロハを入れたんだろ?
それなら雪駄とかも入れれば良いのに。

YouTubeにTheBirthdayのNewAlbumからの曲が少しずつUpされてます。
(上の文章、何だか中途半端に外国かぶれした人みたいね)
今、4曲Upされたんだけれど、「SとR」がとんでもなく格好良い。
リンクはつけませんが、聴いてみて損はないですし、アルバム欲しくなりますです。
ミイラズの初シングルも今月だし、楽しみが多いなー。

でも、先ず一番の楽しみは、今週日曜日(5日)のツーマンライヴです。
リニューアルした(髪型だけ)僕と、ゴトウケンジくんを観にきて下さいます様お願い申し上げ候。

6月のライヴ

2011年6月5日(日)
ゴトウケンジと中野こーじのツーマンライブ
「赤と青の優柔不断のストローク」vol.1

@GURU×GURU

ゴトウケンジ
中野こーじ

OPEN:18時半 START:19時
ライブチャージ1000円(別途1ドリンクオーダー必要)


そー言えば、少し久しぶりのライヴになります。
『ツーマンライヴ』なんて初めてで、
タイトルまで付けてもらって、感無量です…。
タイトル負けしないよーに頑張ります。
そして、vol.1が2、3と続くようにしたいです。

ゴトウくんも間違いなく格好良いので、
是非、観に来て、聴きに来て、飲みに来て、話に来て下さい。

今日から6月ですね。
そんな僕は、もうなんだかグッタリです。

ツイートも支離滅裂です。

心配な方、観に来て下さい…あれ?

PROFILE

こーじ

Author:こーじ
愛知県に住んでいる
ギター&ボーカルな人です。

CALENDAR

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

VISITOR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。