上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄に馬(短編)

俺は地下鉄に乗っている。
吊革を掴んだ手に寄りかかりながら見た
前に座っている男のネクタイに馬が居た。

二匹が向かい合わせになった馬が、
青いネクタイを所狭しと埋めている。

コイツラは何処に行きたいんだ?

そう思いながら、ネクタイを見つめていると
俺は、その馬の1匹にまたがって
青い草原を走っていた。
どこまでも続く青い地平線。

朝日も夕日も、月も星も無い。

ただ青い地平を、俺を乗せた馬が走っている。

落ちる気はしない。
タテガミをひどく掴んでいるハズなのに
馬は痛がっている様子もない。

彼はただ、走りたいだけなんだ。

何も無いと思っていた青い草原だが、
俺は風がある事に気付いた。

風があるのか、馬が走っているからなのか、
今の俺には分からない。

俺は左手で強くタテガミを掴んだまま
右手を挙げて、目を閉じた。

もう青い草原も無い。
向かってくる風を全身に感じているだけだった。

そして次に目を開けた時、
地下鉄は俺の最寄駅についていた。

~おわり~
スポンサーサイト

寄る波

最近買う本が心理学関係ばっかりの中野こーじです。
やぁ、病んでるかい?

昨日の事ですが、来てくれた友達が
「あの曲良かったよぉ~」って言ってくれたり、
色んな方が「良かった」と言ってくれました。

それは「僕らの世界」と「ジョキジョキテーラー」でした。

言われた僕も
「ありがとぉ。アレは自信作でさぁ。」とか
「アノ曲は今日やりたくてね。」などと言ってはいますが、

ホントに嬉しいんです。

「僕らの世界」については、
いつか話したいな、と思ったりもしますし、
聴いてもらった印象のままで居てほしいな、
とも思います。

で、何が言いたいかと言うと、

結局僕は、一人では音楽がやれないんだと。

昨日は正直に言って反省点の多いライヴでした。
もちろん、良かった点もあると思ってますが…。

その中で、そんな中でも、
その時に曲を演奏した自分を「良かった」と
言ってもらえた事が、僕にとって「救い」でした。

その言葉があったから、
昨日も、今日も、少しマトモにいれたと思います。

そんな感情なり、状態ってのは、
『依存』と呼ばれてしまうのかも知れません。

もちろん自分の演奏に自信があれば
その言葉自体に救われる事は無いのかも知れません。

それでも僕は救ってもらいました。
それはとても幸せな事だと思っています。

で、結局僕は一人では生きてないんだ、と。
思い返した、そんな夜でした。

名前をあげると、それだけで大変なので書きませんが、
僕の頭の中には、沢山の顔と声と名前が浮かんでます。

みんな、本当にアリガトウッ!!!


…ちなみに、昨日、僕は顔色が悪いね、と
そうとう言われてましたが、
今日、喉の痛さと、体調の悪さで、
風邪っぽい、と言う事が分かりました。

でも、風邪っぽいだけで、認めませんよっ。

また明日

昨日のライヴを観てくださった方々、
それをきっかけに、ここ(ブログ)を訪れてくださった方々、
本当に有難うございました。
共演のワタナビッチさん、お疲れさまでした。

昨日は、いつもとは違うスタイルのGURU×GURUで、
絵画もあり、すごく不思議な気分でした。

自分の中で、納得出来ない部分、
納得いった部分、色々ありますが、
少しでも、色んな人に、曲を気に行ってもらえたら嬉しいですし、
絵画展の中、何か違うものを感じてもらえてたら嬉しいです。

そして、何よりも、この絵画展に
関われた事が、とても有り難いです。

今後も精進いたします。

昨日も色んな人と話させて頂きましたが、
昨日で絵画展が終わってしまう事が寂しく思いました。

僕は3日間行きましたが、
3日間行った故に、そこに皆さんの絵がある事が
当たり前になっている気がして、
昨日、帰る時に

『明日にはもう無いんだ…』

と、名残惜しい気持ちになりました。

昨日、友人と話している時にも出た言葉ですが、
『一期一会』と言いますか…

明日も会える、とか
明日も観れる、とか
また次の機会に、とか

思ってみても叶わない事も、やっぱりあるんだ、と
改めて実感してしまいます。

僕が関われるかどーかは別にして、
こんな機会がまたあれば有り難いです。

絵画を出された5人の皆さん、
本当にお疲れさまでしたっ!!

セットリスト
1.リジェンダ
2.青空とリンゴの木
3.ジョキジョキテーラー(カバー)
4.僕らの世界
5.街の灯

絵のある景色

おはようございます。
週末に午前中から起きてるのって
ものすごい久しぶりです。

気がつけば、GURU×GURU Exhibitionも
今日が最終日。

僕は2日連続おじゃましてますが、
日によって見え方が違ったりして
とても興味深いです。

今日は19時から
僕とワタナビッチ氏の弾き語りがあります。

絵と同じ様に、
いつもと違うGURU×GURUで
違う風に見えたり、感じてもらえたら
幸せです。

…いつもより下手だ…

なんてなったらダメですが…。

今日は絵画展の前座的に
始まりを飾らせて頂くのですが、
5曲ほど演奏させて頂く予定です。

中野こーじ、としてベスト的な選曲に
しているつもりです。

もう少ししたらスタジオに行って
練習してきたいと思います。

色んな絵があり、色んな見え方があり、
そこに僕の歌が…ってすごいプレッシャーですが、
個人的にすごく楽しみです。

今夜はGURU×GURUへっ!!

今日も僕は酔っ払う事でしょう…。

写す鏡

明日から、いよいよGURU×GURU Exhibitionですね。
待ちに待ったら、あっとゆーま、と言う感じです。

僕が、自分が最終日に関わるから、と言うわけでは無く、
ほんとに楽しみなんです。

絵は、先日の木下さんの絵画展。
ゴッホ絵画展。

最近はそれしか観てないですが、
昔、徳島県にある大塚美術館に行った時、
実物大の『ゲルニカ』(もちろんレプリカ)を見て

『うっわぁ~。』

ってなったのを憶えてます。

僕は絵が得意ではなくて、
思ったものが書けません。
なので、5人の絵がどんな表情を見せるのか、
それを観て、僕はどう思うのか、
とても楽しみです。

今週末は、みんなでGURU×GURUに行って、
いろんな絵を見ながら、お酒を楽しみましょー。


さて、話変わって、


今日、買ったCD

DOES『MODERN AGE』

今日、買ったもの(スミマセン、またブック○フです…)

・漫画編

押見修造『惡の花』
ヤマシタトモコ『HER』

・活字(?)編

水木しげる『カラー版 妖怪画談』
吉田修一『悪人(上、下)』
殊能将之(しゅうのまさゆき)『ハサミ男』
ザンティ・スミス・セラフィン『美女と野獣』
河合隼雄 谷川俊太郎『魂にメスはいらない』
河合隼雄 小林康夫 中沢新一 田坂広志『こころの生態系』

…まだ惡の花しか読んでません。

本のタイトルに若干の偏向と病みが見えますが、
気にしないで下さい。

さっき映画『パブリック・エネミー』観ました。
ジョニー・デップはやっぱり格好良いのでした。

(了)

京極夏彦氏風に終わってみたかった、だけです。

4月のライヴ(再更新)

GURU×GURU EXHIBITION SPECIAL LIVE

2011年4月24日(日)
ワタナビッチ
中野こーじ

19時~20時
ライブチャージ1000円(別途1ドリンクオーダー必要)

----

2011年4月28日(木)
LIVE HOUSE SONSET STRIP(新栄)

―FUKU-MARU Presents―
祝!ライヴ100本到達記念特別版
『ナイショのうた薬SP~100の処方~』

FUKU-MARU
ありんこ
テッペー
中野こーじ
(O.A)NAKANISHI

OPEN:18時 START:18時半
前売:1000円  当日:1500円
(別途ドリンク代500円)
入場者おつまみ、お菓子食べ放題!

僕の出番は19時位からです。

----

GURU×GURU アコースティックライヴ
4月30日(土)
川村ケイタ(千葉)
山添ヒロカズ
小島愼太郎
中野こーじ

OPEN:18時30分 START:19時
ライヴチャージ:1500円
別途1ドリンクオーダー必要

R-142号(短編)

ロボットのRを取って付けられた僕の名前は
R-142。

博士が作った142番目のロボットだから142。
誰でも想像できる様なロボットで、
箱型の手、箱形の足、箱形の胴体に箱形の顔。

もちろん言葉がしゃべれない代わりに、
胸のところについている電光掲示板でおしゃべりするんだ。

だけど、手や足は飾りみたいなもんで、
僕には、ずーっと突っ立ってる事しか出来ないんだ。

週に1回だけ博士が、たぶんエネルギーの充電の為だと思うんだけど、
その時だけ、触れてくれて、それ以外はずーっと
僕には分らない様な研究をしてるみたいで、
ほとんど後姿しかみせてくれなかった。

だけど、博士も知らなかったんだ。
僕には心があって、本当に自分で考えてたんだよ。

でも、僕の口からは何の声も出ないし、
電光掲示板で何を言っても、
博士は自分のプログラムが答えてる、としか
思ってくれなかった。

それでも僕は毎日毎日、博士の後姿を見て過ごして
1週間毎に、僕の体に触れてくれる日を、楽しみにまってた。
それだけで充分だったんだよ。

うん、僕は分かってたんだ。
博士はずっと昔に大切な人をなくして、
その寂しさを埋める為に、
ロボットを作り続けてたって事を、ね。

だから僕は思ってたよ。
僕ならずっとずっと博士のそばに居てあげられるのに、って。

博士が歳をとって、おばあちゃんになっても、
ずっとずっと居てあげられるのに、って。

だけどね、本当にそうなったら、

とても悲しいんだね。

たぶん数日前に、
僕は博士の寝起きで日を数えてたからよくわからないけど、

博士が机の前に倒れこんで
そのまま動かなくなってしまってから、
僕は相変わらず、ずーっと突っ立ったまんまなんだ。

ロボットだから涙は出ないんだ。

そして、数日たった今も僕はずーっと突っ立ったまんま。
博士は1週間毎にエネルギーを充電してたから、
僕はあと数日間、このまんまなんだよね。

でも、もし、それが充電とかで無かったら、
僕は、いつまで博士の事を考えながら
突っ立ってなきゃいけないんだろう。

僕は自分のスイッチも切る事が出来ないんだから。

(終わり)

深く潜れ。

昨日のブログ…日曜のライヴが納得いってなかったのに
『良かった』と言ってもらえた…って訳ではないですよ。

なんか酔って書くとダメですね。
ま、今日もそうですが。

ちなみに30日もライヴ決まりました。
詳細はまた後日記載します。
山添さんと一緒にさせてもらえそうです。
ものすごく久しぶりの山添ヒロカズさん。
僕自身が楽しみです。

今日、ゲド戦記の2巻を読み終えた。

河合隼雄先生も書かれてらっしゃいますが、
童話や優れた物語は、すごく深い所にたどりついていて、
ゲド戦記も、人生の深さをスゴク感じます。

kaoruさんもコメントで書いてくれた『A』って曲は
バンド時代に書いて、1回弾き語りでもやりました。

自分も好きな曲で、今の感じとはちょっと違うんだけど、
その時の心情なり、が出ているのかな?と思います。

今は書けないなぁ、なんて思ったりしますが、
書かない、だけじゃないか?なんて思ったりもします。

24日は、ちょっとでも違う事したいです。

色々考えますが…なんせ手数が少ないもんで…。

今日は寝ましょうね。
おやすみなさい。

17日のお礼

今日ライヴを観てくださった方、有難うございました。
久しぶりにビールを飲んでから歌ったんですが、
意外に歌えてビックリしました。

今日も相変わらずゴトウくんは格好よかった…。

音楽って、やってても
ホントに実感が無い時もあれば
自分では思ってないのに、
人から『良かったよ』なんて言ってもらえたりして
すごく不思議な気がします。

ギターを弾いてから、ずいぶん経って、
弾き語りやって、かれこれ8カ月位。

その中で、色んな思いがあって、
その思いを曲にしたりして…。

今の曲のが良い、と思うんだけど、
昔の曲を読み返すと
『あれ、以外に良い。つーか、今、こんなの書けない』
なんて思ったりします。

竹原ピストルさんが歌で
『俺は今を歌いたいんだ』と言うのは
今の事を歌う、って事ではなくて、
今の自分を歌う、って事だと思います。

昔の曲を、今、歌ったらどうなるんだろう?
なんて事思ったりします。

てな訳で、24日、そう次のライヴでは
昔の歌も歌ってみようと、数時間前に決めました。

ありがとうございます(特定の2人に向けて)。

色んな人に支えられて僕は生きてます。
色んな人と関わって、それがあって、
俺みたいなのが生きてて良いんだ、って思います。

だから、もっと良い歌を歌いたいです。

売れたいとかではなく、格好つけたいとかではなく、


伝えたい。


それが出来たら幸せです。


もう午前様なので、寝ましょうね。
良い夢を観ようね。

おやすみなさい。

.コミュニケーション

先日、お借りした本(小説)。
小林泰三(やすみ)『AΩ(アルファオメガ)』
興味深く、ちょっと前に読み終えました。

その中で、宇宙人的な存在が言うセリフ

「我々にとってコミュニケーションとは生殖と同義だ」

と、いう言葉が何だかとっても素晴らしかった。


作中では、宇宙人的な存在(以下、宇宙人)は
言葉は使わずに情報のやり取りを行う、たぶん電子的に。
そして重要な情報をもった個体(?)が増殖する(と思う)。
その中で、この言葉は、人間に置き換えた時、
DNAと言う情報体が合わさる事で人が生まれる
(難しい言い方したけど…)
それをコミュニケーション=生殖、と例えたのだと思う。

で、僕が感じたのは
(今、書いたのは本を理解しようとした内容です)

人と人とのコミュニケーションも何か生まれるんじゃないか、と。

作中の宇宙人は、言葉という、まどろっこしい方法は
人間相手にしか使わないのだが、
人間は言葉でしか基本的にコミュニケーションを取れない。

でも、その言葉によるコミュニケーションをとりながら、
つまり色んな話をしながら、
また新しい、というか、違った考えが生まれる。

それを生殖と例えると、少し下世話かも知れないけれど、
そうやって、いろんな考えやら、思いやらが
生まれるってのは、すごくステキな事の様に思う。

『自分以外は全部師』みたいな言葉が
仏教にはあった、と思うんだけど…

そりゃあ、世の中には、性善説や性悪説が出るくらいに
いろんな人がいるわけだけれど、

教師か反面教師かは別にして、
学ぶものはたくさんあって、

そして、よりステキな自分になって、
自分が自分をより好きになって、
また、ほかの人を好きになったり、
ほかの人にやさしくなれたり出来たら

それは素晴らしい事だと思う。

だから、何歳になっても
あんまり閉鎖的にならずに、
いろんな人と出会ったり、話したりしたい。

状況が許せば、ね。


次の日曜(17日)はライヴです。
新曲、できるかな?
ネ申曲、は出来ません。あしからず。


最近気になる言葉

ミラーボール
銃声
鼓動
それでも

…そしたら、ゴトウくんが「鼓動」って
歌っててビックリした。
もしかしたら、ゴトウくんの曲を聴いたから
「鼓動」が気になるのかも。

同じ様に上原麦さんが「ミラーボール」って
歌ってました。

たまたまなのか、繋がってるのか?
不思議な感じです。

あとは、銃声・それでも、しか残ってません。
…どんな曲を作れと…ハードル高くね?

そして、俺、『以下』って使うの、やっぱり下手だった。

という、今回のオチ。
もう、『フリ』でしか、無い。

4月のライヴ(更新)

いやぁ~、昨日のGURU×GURUのライヴも良かったぁ~。
ハマノさん、チャー絆さん、ゴトウケンジくん、
どれもスゴク楽しい音楽でした!

終演後、ゴトウくんと話したんだけど、
こっちだけ酔っ払ってて(いつもだけど)ゴメンナサイ。
来週、共演なので楽しみです。

で、前に共演したFUKUMARUさんのイベント
詳細が決まったので、4月の残りのライヴと共に
記載します。

ものすごく久しぶりにテッペーくんとの共演も楽しみです。
僕が初めて弾き語りした時、
それはテッペーくん、ワタナビッチさんと一緒でした。
その2人とも、今月一緒にやらせてもらうのは
何だか不思議な縁です。
少しでも成長した自分を見せられたら、と思います。

では、ライヴ詳細


2011年4月17日(日)
ゴトウケンジ
中野こーじ

OPEN:18時 START:19時
ライブチャージ1000円(別途1ドリンクオーダー必要)

昨日も格好良かったゴトウケンジくんとの共演。
あのロックさに負けない様に頑張ります。


GURU×GURU EXHIBITION SPECIAL LIVE

2011年4月24日(日)
ワタナビッチ
中野こーじ

19時~20時
ライブチャージ1000円(別途1ドリンクオーダー必要)

22日(金)から5人の絵がGURU×GURUを飾る。
その最終日に歌わせて頂く事に感謝です。
絵と音楽、上手く調和出来たら幸せです。

2011年4月28日(木)
LIVE HOUSE SONSET STRIP(新栄)

―FUKU-MARU Presents―
祝!ライヴ100本到達記念特別版
『ナイショのうた薬SP~100の処方~』

FUKU-MARU
ありんこ
テッペー
中野こーじ
(O.A)NAKANISHI

OPEN:18時 START:18時半
前売:1000円  当日:1500円
(別途ドリンク代500円)
入場者おつまみ、お菓子食べ放題!

僕の出番は19時位からです。
ライヴ100本ってスゴイですね。
GWの始まりをライヴで飾るのって、いかがですか?

どーまんせーまん

昨日は、公約(?)通り、
『冷たい熱帯魚』を観てきました。

ほんとに、話に聞いてた通り、
救いの無い話で…
流血が苦手な僕は
「うひぃ~。」と思いながらも、
観てましたが、
興味深い映画でした。

15日まで今池シネマテークでやってるみたいです。
観る価値のある映画だと思います。
ただ、観終わった後に、爽快感はありません。
あしからず。

映画に行くと、楽しみの一つは
『予告編』ではないでしょうか?

昨日も、数本の予告編を観て
また、観たい映画が出来た。

『コリン ~ラヴオブザデッド~』

ジョージ・A・ロメロ以来のゾンビ映画!!!

との肩書に惹かれてます。
でも、僕は流血や、脅かし系の映像が苦手です。
どーしたら良いんだろ…。

『堀川中立売(ほりかわなかたちうり)』

京都・妖怪・式神・加藤

なんだか、このキーワードだけで興味がわく。
でも、なんで妖怪の親玉って
『加藤』なんだろか??

もやっと解消法

おはよーございます。
リアルにさっき起きました。

昨日は、ゴッホ展を観に行った。
めちゃくちゃ混んでてビックリした。

んで、その後、なぁ~んか物足りなくて
『婚前特急』と言う映画をミリオン座に観に行った。
感想は…言いませんよ。

んで、その後、なんだかもやもやしてたので

ゲーセンに行って、UFOキャッチャーしまくった!!


…で、結果


ジョジョ①

(左から)
ディオ・ブランドー
ジャイロ・ツェペリ
ウェザー・リポート

が、仲間入りしました。やったね。
撮影場所は自宅ではありません。あしからず。
…いくら使ったか?は言いません。

自宅には
ジョナサン・ジョースター
ジョセフ・ジョースター
ジョルノ・ジョバーナ

が居るのは随分賑やかになります。

…つーか『ジョジョの奇妙な冒険』のキャラですよ!
分からない人も居ますよね?


えー、はい、

オタクチックですが、何か?


今日は…今日こそはっ!!

『冷たい熱帯魚』観に行きたいと思います。
観れるチャンスは今日位かな、と。

実際は15日までやってるみたい。

4月6日のお礼

昨日はライヴでした。
共演の樋口智美さん。聴いて、観てくださった皆様。
本当にありがとうございました。
ライヴはやるごとに勉強になります。

樋口さんにはMCでいじってもらいました。
『リジェンダ』気に入って頂けてありがたいです。
あの曲は僕にとっても大事な曲です。
もちろん、どの曲もそれぞれに思い入れがありますが…。

そして、公約(?)通り、新曲やりました。
そして、しばらく演っていく事にしました。
次のライヴ(17日)にも新曲やれる様に頑張りたいと思います。

話変わって

昨日位から家で山添ヒロカズさんのCDを聴いてます。
なんだかムショーに聴きたくなって、
ずーっと入れっぱなし、聴きっぱなしだった
アークティック・モンキーズから入れかえ、
また聴きはじめました。

昨日、GURU×GURUに飲みにきた
山添さんにもお話しましたが、
最近浮かんだメロディが、山添さんのメロディを
パクってるんじゃないか?と思い
ちょっとヤバイかな?と感じてます。

そんなこんなで、山添ヒロカズさんのブログ
『勝手にしやがれ!』を
リンク貼らせて頂きました。

山添さん、ご了解頂きありがとうございました!
また、一緒にやれたら良いですねっ!

また話変わって、

今日、ブック○フで、海炭市叙景の小説を買いました。
映画も観たんですが、小説も面白いと教えてもらったので
今日から…いや、近々読み始めたいと思います。

ちなみに、今は『ゲド戦記2巻』読んでます。
やっぱり洋書(訳本)は苦手です。


それでは今日はこのへんで。

今週末こそ、ゴッホ展(平日でも混んでるらしい)と
『冷たい熱帯魚(映画)』を観に行くぞっ!!
…サウナも行きたい…。
科学館のプラネタリウムも観てみたい…

10日(日)のGURU×GURUも楽しみです。
ハマノヒロチカさん、チャー絆さん、ゴトウケンジくん、
僕は観に行きますよ。
だって絶対良いんだもん。
まぁ~たビールたくさん飲んじゃうなぁ~。
いやぁ~、まいった。

…はい、すみません。
何もなくても飲んでます…

生きるって見苦しい

明日、ライヴです。よろしくお願いします。

…いや、マジで。


で、今日のお話。

先日、『エロス』と『アガペー』について話した。
僕の見解としては(世間的なのは別にして)

『エロス』=求める愛
『アガペー』=与える愛

で、求める愛ってのは、愛なのか?、と。

そんな風に思っていたりしたりしたんですが。

『エロス』と『タナトス』と言う言葉がある。
これはこれで
『生』と『死』みたいな意味だそうだ。
(と、僕は理解している)

…んっ?

つまり『エロス』=生
さらに『エロス』=求める愛

で、『生きる事』ってのは『求める事』って
なっちゃうんじゃないか??

生きるってのは、欲望であり、
何かを求め、満たす事、それこそが『生きる事』だと。

なんか『禅』みたいだけど。

人って、そもそも、そうなのかも知れない。

確かに、何かを欲して、それを手に入れる為に
努力とかして、手に入れる。
手に入れたら、それよりもっと手に入りにくいものを
欲して…その、堂々巡りになって、
欲望は際限なく大きくなっていく。

でも、それことが『生きる』と言う事なのかも知れない。

人は生きている事自体が『業』なのかも知れない。

そう思うと、人の為に歌わなくても
『自分の為に曲を作り、自分の為に歌いたい』でも
それが、そういう欲求ならば、
それはそれで、間違ってないのかもしれない。

うん、そうかもね。
生きるって結構、不条理なものなのかも、ね。


…なんて言葉遊びをしつつ、今日は寝ます。

明日、待ってます(誰に対して?)
おやすみなさい。せめて夢だけでも。

伝える

なんだか最近、色んな事が分からなくなってきた。

今日の家に酔っ払って(いつもだけど)帰る時に
女性が、ややオタク言葉で話してたんだけど、
それが僕には
「もう若くないんだから」
みたいに聞えた。

それを聞いて思ったのは…

結局のところ、みんな(ちょっと語弊がある)
『安心したい』んじゃないか、と。
『大丈夫だよ』と言ってほしいんじゃないか、と。
そんな風に思いました。

つまり、例えば、
「私、もー若くないしー。」と言う人は
「えー、そんな事ないよ。全然○歳に見えないもん。」
と、言われる為に
「私、もー若くないしー。」と言ってるのでは?
よーするに「私、まだ大丈夫。若くみえる。」と思いたい為の質問じゃないか

そんな風に思うんです。

かく言う僕も
「いやー、最近太っちゃって。」
「いやいや、充分細いよ。」
なんてやりとりがしたいが為に言ってるんじゃないか?

そもそも、歌を歌う⇒曲と作るのも、
「普通と違う自分」と言うものを演出してるんじゃないか?
じゃあ、俺は何の為に曲を書いて、歌ってるんだ?

そんな質問?感情?がグルグルしてます。

僕はたまに言ってるんですが
『曲はだれでも書ける』と思ってるんです。
鼻歌だろうが、コードとか無かろうが。
でもしない。

なんでしないか?と言えば、
『する必要が無いから』だと思う。

歌う場所は、今、たまたまあるけど、
自分から積極的に動かない限り
スカウトされる事なんて無いし、
カラオケで充分に満たされると思う。

で、なんで『曲を作る必要があるか?』となれば
それは『ライヴがあるから』であるんだけど、
作る事で『他者と違う自分』を自分の中で認めれて
何となく『あー、俺で大丈夫なんだ。』なんて思う。

自分で自分を救ってる、みたいな?

かと言って、自分を救う為の曲を人に聴かせて
それで聴きに来る人は満足なんだろうか、と思う。

そりゃあ、完成度が高いものなら問題ない。
でも、僕はそんなレヴェルじゃない。

でも、お金を払ってみてくれる人に対して
自分の事を、自分を安心させる曲を歌うってのは
なんだか申し訳ない気がする。

…このブログ読んでくれてるのって、
聴きに来てくれる人…だよね。

ほんとスミマセン。僕はこんな奴です。

まとめに入ります。

そう、今までは『自分の為の曲』であったんだけど、
色々あって、『人の為に歌う』ってのが必要じゃないか、と。
そんな歌を歌っても良いんじゃないか、と。
歌うべきなんじゃないか、と。
そんな風に思うんです。

それが伝わるかどーかは分かりませんが(そんな歌詞を書きました)
伝えようとする気持ちが大事だと思います。
根本的には、人間は繋がってるし、
それをちゃんと描ければ(歌でも描くで良いと思う)
共感?共時性?みたいなのを感じてもらえると思う。
もちろん、まだそのレヴェルじゃない。

今は考えの途中だけど、そんな風に思うんです。

その答えは…

友よ、風にふかれている。

全然そこまで到達してないけどね。


さ、寝よ。夜更かしはお肌に悪いよ。


そんなこんなで6日(水)…あさって、ね。
ライヴしますよ。新曲、やりますよ。多分、ね。
福山○治さんみたいな曲になっちゃって、
また『やっちゃったなぁ』って思ったりしてますよ。

読んでくれてありがとう。
またね。おやすみなさい。

4月のライヴ

4月になりました。
今月もGURU×GURUにはお世話になります。
ホントにいつもありがとうございますっ!!
精一杯やっていきたいと思います。

毎回新曲をやる!!位の気持ちでがむばりますっ!!

(心の声:あーあ、言っちゃった…。)
(心の声:いや、あの、『位の気持ち』…ね)
(心の声:さっそく逃げ道作っちゃったよ。)
(心の声:…そんなんじゃないやいっ(逃走))

…僕は酔ってませんよ。今日は(今は)シラフです。
明日はゴッホ展に行きたいなぁ(逃避)。



あ、えっと、ライヴの詳細です。


GURU×GURUアコースティックライブ

2011年4月6日(水)
樋口智美
中野こーじ

OPEN:19時半 START:20時
ライブチャージ1000円(別途1ドリンクオーダー必要)

樋口さんとは2回目の共演です。暗い曲対決…ではありません。
毎回磨きがかかる女性の情念には感服です。


2011年4月17日(日)
ゴトウケンジ
中野こーじ

OPEN:18時 START:19時
ライブチャージ1000円(別途1ドリンクオーダー必要)

ゴトウさんとも2回目の共演です。ライヴ観に来てくれたりで、2回目と言う気がしない…。
竹原ピストルさんと共演して、必ずや大きくなっている事でしょう。


GURU×GURU EXHIBITION SPECIAL LIVE

2011年4月24日(日)
ワタナビッチ
中野こーじ

19時~20時
ライブチャージ1000円(別途1ドリンクオーダー必要)

GURU×GURUにて
22日(金)~24日(日)まで展覧会が行われ
その最終日に、僕を引きこもりから、弾き語りにした男
ワタナビッチ氏と共に、ライヴをします。

展覧会だけでも、すごーぉく楽しみなのに
自分も関われて、とてつもなく感謝・感激ですっ!!

22~24日は、毎日GURU×GURUでキマリっ!!


ちなみに、先日一緒にライヴをしたFUKUMARUさんに
声をかけて頂きまして、
FUKUMARUさんのライヴ100回記念に出る事になりました。

4月28日(木)ですが、祝日の前の日です。
詳細が決まったら、また書きますね。

ライヴ時にFUKUMARUさんが連呼してた通り、
お菓子食べ放題、美味しいスリランカカレーがあるみたいです。

弾き語り始めて、初のGURU×GURU関連以外のライヴです。
修行してまいりますっ!!

今月もGURU×GURUでは、
チャー絆さんあり、ハマノヒロチカさんあり、山添ヒロカズさんあり、
テッペーさんあり、ゴトウケンジさんあり…。
どれもこれも観たい人ばかりです。
GWまであっと言う間ですね。

PROFILE

こーじ

Author:こーじ
愛知県に住んでいる
ギター&ボーカルな人です。

CALENDAR

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

VISITOR

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。